帳票の内製化とは

限られた予算で充実したシステムを構築できる!「帳票の内製化」

システムの多様化が進んで満たしたい機能は増えても、予算はなかなか増えません。
限られた予算の中で満足のいくシステムを構築するために、今ある機能を削りますか?それとも新しい機能を我慢しますか?
そんな問題を解決する一つの手段が「帳票の内製化」です。
帳票の内製化によって SIerがシステムの重要な部分を構築し、ユーザーが帳票作成する。 といった開発が可能になります。その結果、今まで大幅な費用が掛かっていた帳票作成の費用や工数を大幅に削減できます。

「帳票の内製化」が効果的なお客さまとは

こんなお客様には、帳票を内製化することで、悩みが軽減する可能性があります。

システムのリプレイス、見積もりが予算内に収まらない

帳票の変更が多い。保守費をどうにか抑えたい

利用者がExcelを使って帳票作成 業務効率が悪くて不満

帳票の手離れが悪い

 

「帳票の内製化」にはツールの選定が重要

ただ、「帳票の内製化」の実現は、どんな帳票ツールでもできるわけではありません。
そのため、帳票ツールがある条件を満たしている必要があります。実際、弊社のお客さまでも過去に別の帳票ツールを購入したけれど、使いこなせなくて断念したというお声もあります。
では、「帳票の内製化」のために必要なツールの条件とはどのようなことでしょうか?

→風神レポートが帳票の内製化に適している理由