Excel出力機能

HOME > 風神レポート > Excel出力機能

風神のExcel出力は「帳票イメージをそのままExcelにも出力」

フォーム作成が出来ればExcel出力が出来る

風神レポート『エディター』で作成したフォームファイル(hzfファイル)を使い、運用ツール(ツール・ビュアー・ルックアップ)で帳票イメージをExcelファイルとして出力します。

風神レポートのExcel出力は印刷イメージのままExcelに出力するということ。
複雑な帳票も表現力多彩なデザインが出来る『エディター』で帳票が作成出来れば、簡単にExcelファイルが出力出来ます。

1つのフォームファイルで印刷もExcelも出力

Excel出力の設定は「Excel出力」かどうかのチェックをするだけで設定は完了!
Excelでテンプレートを作る必要もなく、 Excel出力のプログラミングの不要。
『エディター』で作成した帳票がそのままのレイアウトで Excelに出力されます。
帳票のレイアウト変更もフォームファイルを変えるだけ!

(Excel出力の設定方法はこちらでご覧になれます。)

※Excel出力以外にもPDF・html・印刷出力にも対応しています。

独自の出力エンジン

Ver7では、独自の出力エンジンになり、さらに出力スピードがアップしました。
Ver6までは、Excelがインストールされている環境で使う仕様でしたが、独自のエンジンに伴い、
Microsoftのライセンスが無くてもExcel出力が可能になりました。

標準機能

風神レポートでは、標準機能としてExcel出力が可能です。風神レポートのどの運用ツールでも使用できます。

Excel出力機能は様々な表現にも対応

グラフ・バーコード

お客様のご意見を取り入れ、グラフやバーコードもExcelに出力できるようになりました。
出来たファイルは
 1.データを経営会議の資料として使える
 2.営業実績の月報としてそのまま提出できる
 3.PowerPointに張り付ければ、すぐさま営業資料になる など
使い道はいろいろです。出力の様子はこちらでご覧ください。

「数値書式自動設定機能」で勝手なデータの変換も解決

Excelに数値の書式を自動的に埋め込む機能で、 「10/10」→「10月10日」:日付に変換していた、
「1.0」→「1」:小数以下が変換していたなどの、Excel特有の変換の問題も解消しています。

複数ページになる帳票は出力形式の選択が可能

Excel出力の際、「帳票イメージ形式」か「リスト形式」が選ぶことが出来ます。お客様に合った出力形式が選べます。

「帳票イメージ形式」 … 帳票イメージに近い形で出力
「リスト形式」    … ページごとに配置されているヘッダー・フッダーは省略され、シンプルなリストを出力

リスト出力は、明細が1行の帳票も、明細が複数行の帳票でも、可能です。2次加工に便利な機能です。

詳しくは風神デモサイト

列や行での細かな微調整が簡単に

風神レポートでは、自分の好きな位置にアイテムを配置することが出来ます。しかし、アイテムの配置によっては、Excel出力の際にきれいにセルが区切られていないと言う声もありました。

Ver6でセルモードという機能を使えば、位置を合わせることは出来ましたが、アイテムそれぞれを合わせることは大変でした。Ver7では、「格子マスの設定」や「格子に合わせる」という設定を追加し、簡単に調整可能になりました。二次加工もしやすくなりました。

 

Excel出力 お客様の声

風神レポートのExcel出力。一言でExcel出力といっても、なかなかピンとこないかもしれません。
しかし、営業先で行うデモンストレーションを行うと、お客様の反応は変わります。
「ちょっと複雑な製造仕様書をExcelで出力する」デモンストレーションを行った後のお客様の反応をご紹介します。

「そこまでできるの?」~風神レポート1本だけで全部出力~

◇「位置が帳票のイメージのまま出るソフトなんて知らない」
◇「グラフ、画像、バーコードまで出てくる!」
◇「これ1本だけで出せるの?アドオンツール無しでバーコードも!?」
◇「テンプレートはいらないんだ!」

風神レポートでは、 プログラミングやテンプレート、特別なソフトなど無くても、 Excelを帳票イメージのまま出力できます。

「今のソフトとぜんぜん違う!」~プログラムなんて要りません~

◇「今使っているソフトは、プログラムを組んで色々設定しないとこんな風にはならなかった。だからすごく良い!!」

Excel出力機能自体は、今の帳票ツールにも有るそうです。しかし、お客様が、思い通りの出力結果を得るためには、
様々な、且つ複雑なプログラミングや設定が必要だったようです。「本当に、四苦八苦したんですよ。」 そう仰っていました。

「現場レベルでも加工できる!」~細かいセルがその秘密~

◇「セルが細かく区切られているから、後から加工し易くて良い!」
◇「これなら、現場は自分たちで、使い方を色々考えられるよ!」
実際に帳票を運用していくに当たり、現場での利便性の高さにも、好評価を頂きました。
例えば、現場の担当者の方が、後で加工しようとした際に、普通のツールだったらすごく苦労する、というご意見も。
一般的な帳票ツールからのExcel出力では、セルが大きく区切られていることも多いようです。
だから、位置を変更するときに型崩れしてしまって困っているということを仰っていました。

風神レポートでは、印刷イメージそのままにExcel出力されるので、利用者による帳票の2次加工も楽に行えます。