エンタープライズ版 限定機能

HOME > 風神レポート > エンタープライズ版限定機能

エンタープライズ版とプロフェッショナル版は使用できる機能が違います。
エンタープライズ版で使える機能の一部をご紹介します。

こんな帳票が作れる

異なる書式を1セットで出力したい

異なるレイアウトを一度に印刷するには、プログラミングで処理を作りこむ必要があります。
風神レポートでは、異なるフォームを1セットで出力する機能「スイッチフォーム」「マルチページフォーム」でこのような作り込みの工数を削減します。

請求書の表紙と明細をセットで印刷したい【スイッチフォーム機能】

請求書の表紙と明細をセットで印刷の例

配送に関わる帳票をセットで印刷したい【マルチページフォーム】

1行のデータから3種類の帳票を1セットで出力。セットにする帳票の追加、出力の順番も自分たちで変更ができます。

配送帳票を1セットで印刷の例

出力内容の多い契約書にも使えます。

契約書を1セットで出力

郵便カスタマーバーコードをつけて印刷したい

郵便料金の減額が受けられる郵便カスタマバーコードを印字の印字ができます。

郵便カスタマーバーコード付きのラベル

ラダータイプのグループ設定・積算表示

ラダータイプでは、エンタープライズ版だけグループ機能と積算機能が使えます。

ラダータイプのエンタープライズ版限定の表現

運用時に便利な機能

お客様ごとに伝票を切り替えたい【スイッチフォーム機能】

得意先ごとに伝票が違う場合でも、大丈夫。お客様に合わせて伝票を自動で切り替えます。
1つのプリンターで用紙を切り替える場合でも、切り替えるタイミングでストップ。用紙を変えて印刷を継続することもできます。

スイッチフォームイメージ画像

同じデータを帳票に合わせてソートしたい【ソート機能】

パッケージシステムから出力したCSVデータを、フォーム側でソートします。
例えば、施設利用システムの場合、1つデータから施設順に並び替えたパターンと日付順で並び替えたパターンがどちらでも出力できます。

同じデータで日付順表示と施設順表示

PDF出力時にお客様毎にファイルを分けたい

複数のお客様の請求データを1つのCSVファイルで出力して、PDFファイルはお客様毎に分けたい!!ファイル名も変えたい!
そんな運用にもノンプログラミングで応えます。出力ファイル名はCSVデータで指定できます。

ファイルはお客様毎に分割の例