3段に分かれた納品書の作成に 明細パック

一見、簡単な帳票に見えるけど、作るのが大変な帳票

複数ページにまたがる帳票

1)明細を表示すべき場所が3カ所ある
2)1つの明細が、複数段で成り立っている
こんな帳票を見かけることも多いですよね? さて、皆さんは簡単に作れますか?
おそらく、レイアウトの作成だけだったら作れるはずです。 そして・・・・

こんなデータが用意できれば作れます

1行に明細3段分の情報を全部持っていたら、帳票は問題なく作れます。

DBから取得したデータは下方向に伸びるデータ

しかし、少し考えてみてください。

DBのデータってこんな形じゃないですか?

SQLで抽出したデータやデータ検索ソフト等で検索したデータは、こんなデータになりますよね?

DBから取得したデータは下方向に伸びるデータ

つまり、1行で明細3段分の情報を全部持たせるためには、
▼ プログラミングで作らなければならない…
という事になるのです。

一見簡単に見えますが、実はとても厭らしいタイプの帳票と言えますね。

「明細行パック」機能で問題解決

「風神レポート」ならこんな問題も解決です。
「明細行パック」機能を使えば、「SQLで抽出したデータ」を「1ページ分のデータを1行」の形に変換できます。
つまり、プログラミングは不要なのです。

今までこんな帳票でお困りだったお客様、ぜひとも、デモ版でお試しください!

※「明細パック」機能は、風神レポートVer6(エンタープライズ版)に搭載しています