契約書作成に使えるマルチページフォーム機能

風神ならこんな契約書もノンプログラミングで作れます

複数ページにまたがる帳票

こちらの契約書、風神レポートを使って出力しています。
通常、Wordで作成するのが一般的な契約書。
システムから出力しようとすると、どうしても費用がかかります。
データをあてはめたい部分が多くなればなるほど大変です。
しかし、風神レポートでは7ページを1度の印刷処理で出力します。しかも、ノンプログラミングなのです。

なぜ、システムから「契約書」を出力するのが大変なのか?

と言いますのも、契約書はすべてのページが違う書式の集合体です。
契約書が7ページあるとすれば、7種のフォーマットが必要になります。
この7種のフォーマットを1回のアクションで印刷しようとすると、特別な機能がないとプログラミングの力業で対応する必要があります。
特に見本のような契約書の場合、条例が変わるごとに書式の変更も発生するので、開発会社もお客様も大変です。

契約書をシステムから出力するにはプログラミングが必要

多くの場合、Wordの差し込み印刷の機能を使ったりするようですが、シームレスな印刷にはならないため、利用者には不便が伴います。
ブックマーク機能を用いる場合には、同じ内容を表示する箇所はそれぞれ出力が必要になるため「契約書」に合わせてプログラムを作る必要があります。


マルチページフォームならこんなに簡単

風神レポートの場合はこのような感じで作っていきます。

システムからは、CSVファイルを出力します。
1~7ページに必要なデータを1行で出力します。

横の位置もきれいにそろった

契約書のフォーマットを作ります。今回の場合は7ページ分です。

エディターで7ページ分のフォームを作成

次に、マルチページフォームを設定します。
印刷したい順番に、作ったフォームを登録します。

マルチページフォームの設定画面。印刷したい順番にフォームを登録

運用の際には、「マルチページフォーム」を選びます。

ルックアップで表示したイメージ

PDFで出力したものがこちらになります。

横の位置もきれいにそろった

ちなみに、この契約書の作成、半日でできました。
これなら、契約書の条文に変更が発生してページが増えても、すぐに対応できますよね?

風神レポートでお客様の面倒な作業をなくしてくださいね!