運用ツール「風神ルックアップサーバ」

風神ルックアップサーバとは

CSVデータを活用して、帳票イメージを「印刷」や「PDFファイル」、「Excelファイル」、「html」など、様々なファイルを出力する運用ツールです。

利用方法

  • 夜間バッチ処理による印刷やPDF出力
  • PDF帳票を主としたWebシステム(WebAPI併用)
  • タブレットなどでhtml形式で帳票プレビュ―を表示するWebシステム(WebAPI併用)
  • タブレットなどからサーバを経由した印刷処理

特長

CSVファイルを出力するだけ いろんなシステムと疎結合でつながる

ルックアップサーバのデータはCSV。
つまり、上位システムはCSVファイルが出力できれば、クラサバシステムでも、汎用機でも、Webシステムでもどのようなシステムでも連携できます。監視フォルダーにCSVファイルを投入すれば、指定したフォームと組み合わせて指定した方法で出力を行います。

ルックアップサーバ運用例

ノンプログラミングで出力:監視フォルダー設定

風神ルックアップサーバのプロパティプログラムでは、フォームとデータの組み合わせや出力方法が指定できます(「監視フォルダー設定」)。帳票出力のためのプログラムやバッチ処理をゴリゴリ作りこむ必要がないので、プログラミング知識のない方にでもお使いいただけます。

プログラムからフォームと出力方法を制御:CSVコマンド

上位プログラムから印刷したいフォーム、出力形式、出力ファイル名などをCSVデータつけて出力すれば、もっと活用のパターンを増やすことができます。

風神WebAPIと連携してWebシステム構築も

別売りのWebAPIを併用すれば、帳票をPDFやhtmlで表示するWebシステムが構築できます。PDFやhtmlならクライアント端末にアプリをインストールしなくても表示されるので、アプリをインストールしたくないお客様にお勧めです。

ルックアップサーバ運用例

出力形式

1本で、印刷、Excel、PDF、htmlに対応

例えば、「夜間バッチ処理で印刷に使いたい、さらにWeb帳票のPDF出力もしたい!」といった場合でもこれ1本で対応できます。そして、複数の出力方式が必要でも費用の追加は発生しません。

1つのフォームファイルで、印刷、Excel、PDF、htmlに対応

出力形式に合わせて、帳票フォームを何個も用意する必要はありません。

機能一覧表

機能 ルックアップサーバ版
出力方法 印刷、PDF、Excel、html
※Excelとhtmlは事前にフォームで出力設定が必要
監視フォルダー機能 監視可能フォルダー数:13フォルダ
ファイル数無制限
処理の指定方法 設定画面で登録、CSVデータにコマンドを埋め込む
Log機能
処理スレッド 4スレッド

価格

ルックアップサーバ 1ライセンス/サーバ
(OS単位)
1,000,000円
WebAPI 1ライセンス/サーバ
(Webサイト単位)
400,000円