サーバ専用運用ツール「風神ルックアップサーバ」

風神ルックアップサーバとは

外部システムから出力したCSVデータを利用して、Windowsサーバ上で帳票出力する運用ツールです。夜間バッチ処理による帳票印刷や、帳票をPDFやhtmlを出力するWebシステムでご利用いただけます。

帳票作成

CSVファイルを出力するだけ ノンプログラミングで帳票を作成

風神ルックアップサーバは、監視フォルダーにCSVファイルを出力すれば、帳票を合成します。
監視フォルダーの設定は、設定プログラムで行うためプログラミングを行わなくても、帳票の出力が行えます。

CSVコマンドでプログラムからの制御も可能

また、CSVデータにコマンドをつけて出力すれば、上位プログラムから印刷したいフォーム、出力形式、出力ファイル名などを指定することもできます。

出力形式

1本で、印刷、Excel、PDF、htmlに対応

風神ルックアップサーバでは、1本で印刷、Excel、PDF、htmlの出力に対応できます。
出力形式が多い場合でも、費用は変わりません。

PDF出力

  • 軽量なPDFファイル
  • セキュリティが付与されたPDF
  • 複数のレイアウトを1つのファイルに結合(スイッチフォーム、マルチページフォーム利用時)

Excel出力

  • 軽量なPDFファイル
  • セキュリティが付与されたPDF
  • 複数のレイアウトを1つのファイルに結合(スイッチフォーム、マルチページフォーム利用時)

 

運用例

【運用例A】監視フォルダー機能を使用

ルックアップサーバ運用例

【運用例B】監視フォルダー機能を使用

ルックアップサーバ運用例

機能一覧表

機能 ルックアップサーバ版
出力方法 印刷、PDF、Excel、html
※Excelとhtmlは事前にフォームで出力設定が必要
監視フォルダー機能 監視可能フォルダー数:13フォルダ
ファイル数無制限
処理の指定方法 設定画面で登録、CSVデータにコマンドを埋め込む
Log機能
処理スレッド 4スレッド