風神WebAPI

HOME > 風神レポート > 風神WebAPI

Webシステムの開発をサポートする風神WebAPI

風神WebAPIは、風神レポートと連携してWebシステムの開発を効率的に行うためのWeb専用ツールです。

風神レポートのWebシステムでは、サーバ側でPDF、Excel、htmlファイルを出力するタイプと、クライアント側で帳票イメージを合成するタイプがございます。風神WebAPIは、二つのタイプどちらの開発をもサポートします。

Webシステム構成図

 

WebAPIパッケージに含まれるソフト

  • WebAPI、WebAPI2
  • ドキュメントビュアー

サーバ側でPDFファイルを出力するWEB帳票

このタイプでは、 WebAPIは、ルックアップサーバが作成した帳票イメージのPDFやExcel、htmlを、クライアントに配信します。

Webシステム運用図(サーバ帳票)

Webシステムと疎結合だけど、シームレスに帳票ファイルを配信

風神レポートの仕組みはいたってシンプル。
データはCSV形式。
htmlで指定したフォームファイルとデータCSVと出力ファイル形式を指定するだけ。
Webアプリケーションに帳票を合成する為のソフトを組み込む必要はありません。

ワンソースマルチユース!PDFとExcelが1つのフォームで作れちゃう!!

風神レポートでは、PDFファイルもExcelファイルも同じフォームで作れます。
WebAPI側では、出力ファイル形式を切り替えるだけ。
出力ファイル形式ごとに、プログラミングをする必要はありません。

ルックアップサーバ+WebAPIで作ったWebデモが体験できます。

「風神WebAPI」以外に購入が必要な商品

  • 開発キット(プロフェッショナル版もしくはエンタープライズ版)
  • 風神ルックアップサーバ(Windowsサービス版)

クライアント側で帳票イメージを作成し印刷

クライアント側にインストールした「ドキュメントビュアー」を利用して、帳票を印刷します。

Webシステム運用図(ドキュメントビュアー)

チェーンストア伝票や客先指定伝票、印刷ページ数の多い帳票に最適

このタイプでは、PDFファイルを作成するWebシステムでは難しい印刷の出力が可能になります。

  • チェーンストア伝票や客先伝票など、専用伝票へのあてうち
    (利用者の環境によってずれる印刷の開始位置が、クライアントPC上で調整可能) 
  • ページ数が多くても処理が早い
  • 途中まで使用した「住所ラベル」への印刷   など

クロスブラウザに対応

風神ビュアーでは使用できるブラウザは「IE」限定でしたが、ドキュメントビュアーでは、IE以外にEdgeブラウザ、Chromeなどが利用できます。

システムと疎結合、しかもサーバ環境はオープンソースでの構築が可能

風神レポートの仕組みはいたってシンプル。
データはCSV形式。
htmlで指定したフォームファイルとデータCSVと出力ファイル形式を指定するだけ。
Webアプリケーションに帳票を合成する為のソフトを組み込む必要はありません。

WebシステムではCSVファイルとhtmlが作れればいいので、サーバのOSやミドルウエア、データベースの種類や組み合わせを問いません。 「LAPP(Linux+Apache+PostgreSQL+PHP)」などのフルオープンソースの環境下での帳票開発も可能です。

「風神WebAPI」以外に購入が必要な商品

  • 開発キット(プロフェッショナル版もしくはエンタープライズ版)