利用例)FAX発注からクラウド発注へ 

HOME > 帳票Online > FAX発注からクラウド発注へ

帳票Onlineなら専用伝票まで一気通貫

WebEDIや流通BMSへ移行できない小規模企業との取引専用に、クラウドの指定伝票発注アプリをご提案。
FAXでやり取りをしている受発注をkintoneのアプリに置き換え、帳票出力に帳票Onlineを使えば、担当者のデータ入力の手間や仕入先からくる「手書き伝票」、数量や金額など「記入ミスのある伝票」で発生する余計な手間も軽減します。

製造業や小売業では、「チェーンストア専用伝票」などの指定伝票を貼付した納品がいまだに必要とされています。
課題は、指定伝票の記入ミス。

FAX発注からクラウド発注へ

帳票Onlineなら、仕入先がkintoneのアプリから直接「複写式の指定伝票」が印刷できるので、発注者、仕入先のデータ入力の手間の軽減はもちろんのこと、仕入先側の伝票記入ミスによるタイムロスをなくせます。 納品伝票を使用した業務の流れを変更したくない、でも業務の手間を軽減したいお客様にご活用いただけます。

また、指定伝票の書式変更は、取引先にも負荷が大きく、対応に時間がかかるといわれていますが、帳票Onlineなら、帳票のレイアウトファイルを変更すれば、取引先に負荷をかけずに新しいレイアウトでの運用が開始できます。