csvラポ kintone連携プラグイン

kintoneのレコード一覧をポンっと印刷

フォームを作らずレコード一覧のデータを見やすい形で自動生成してくれるプラグイン

csvラポ for kintoneは、事前にフォームを用意することなく、kintoneのレコード一覧のデータを見やすい帳票に自動生成するプラグインです。一覧の項目数やデータの内容に合わせて、出力の都度レイアウトを自動で作ります。だから、一覧の並び順や項目が変わっても大丈夫!メンテナンスが一切不要のまほうの帳票です。

サブテーブルを含んだデータや長い文章や改行有のデータでも、「カスタマイズビュー」や「レイアウトの作成が必要な帳票プラグイン」を使わずに、見やすい形で出力します。

レコード一覧の印刷にモヤっとしていませんか?

レコード一覧の画面は、簡単に表示するデータを選択できることが魅力。
そんなレコード一覧を印刷したいと思って調べてみても、「ブラウザの印刷機能を利用する」「印刷したい部分を画像で加工して印刷する」「CSVデータを出力してExcelから印刷する」といった方法が推奨されています。

素早く印刷したいときには、ブラウザの機能を使った印刷が手っ取り早いですが、データが尻切れてしまったり、項目数が多いと収まらないといったと問題があります。一方、それらを回避するためにExcelを使って印刷を行っていると、それなりの書式にするために毎回手間と時間がかかります。
使用頻度が多い場合には、帳票Onlineをはじめ帳票プラグインで出力する方法もありますが、それには、どうしてもレイアウト作成が必要になります。

とりあえず確認しやすい形で印刷できればいい、一覧に表示されている情報がスピーディに印刷できれば・・・と思う方に、「csvラポ」はおすすめです。

「確認」のためのフォームづくりから解放

「csvラポ」では、レコード一覧の項目数に応じ、最適なレイアウトを自動で作成して帳票を出力します。
データが少ないものは、表を折り返して出力。項目が多いものは、可能な限り項目がたくさん出力できるレイアウトにして出力します。もちろんデータ量が多い場合でも大丈夫。csvラポが自動的に改ページをしてくれます。

もう、レイアウトの作成は必要ありません。Excelで書式を整える必要もありません。

一覧のデータをkintone上で見るより分かりやすく・網羅的に見ることができます

サブテーブルを含んだデータや改行情報を含んだデータを一覧画面で網羅的に確認することは、1クリックが必要だったり、詳細を見る必要があったりとなかなか思うようにできないのが現状です。
カスタマイズビューで作りこみを行ったり、CSVデータを出力して対応する方法が一般的ですが、費用や時間がかかってしまうため、もっと効率のいい方法がないかと探されていませんか?

「csvラポ」は、サブテーブルや改行付きデータだってボタン一つでそれなりの書式で出力します。だから、kintoneのカスタムビューとしてもご利用いただけます。


もうひと手間加えると、こんな表現にも対応

「csvラポ」は一覧に表示された情報を表示するだけではありません。
少しだけ工夫して使うことで、表現力が大幅にUPします。

  • 承認者の情報や承認の日付があると、承認印を表示する
  • 特定の情報の合計値を表示する
  • 2次元バーコードを付けて印刷する

このような特殊な出力も可能です。

百聞は一見に如かず!

まほうの帳票「csvラポ」は、今までの帳票ツール、帳票サービスとは違います。 「kintone活用情報ch キンスキ」にてとってもわかりやすい「csvラポ」の紹介動画が公開されていますのでチェックしてみてください。
※当時の名称「雷神レポート」で説明しております。ご了承ください。
キンスキ csvラポ(旧雷神レポート)動画へ

まずは試してみてください

期間制限なしの試用版プラグインを公開しております!まずは、まほうの帳票をお試し下さい!!

もっと詳しく知りたい方へ

kintoneで体験 試用版 出力見本