csvラポ まほうの帳票サイト

CSVデータをアップするだけで見やすい形にポン!

DAFS(データ オートマチック フォーマッティング システム)でCSVデータから自動で一覧表を整形!

csvラポ 「まほうの帳票サイト」は、事前にフォームを用意することなく、CSVデータを確認しやすい一覧表に自動整形するプラグインです。一覧の項目数やデータの内容に合わせて、出力の都度レイアウトを自動で作ります。だから、項目数の違うデータをアップしても大丈夫!フォームの事前準備が一切不要のまほうの帳票です。

どんな時に使えるの?

csvラポは資料作成やデータ確認前の書式整形作業で使えます。

  • 報告書のエビデンス資料
  • アクセスログ、入室ログの資料
  • サポート業務のやり取りの記録資料
  • ETCの使用報告書
  • CSVデータのチェック時
  • アンケートデータの確認時

作業はたったこれだけ!

まほうの帳票サイトは、csvファイルをドロップして、実行するだけ!たったそれだけの作業で終わりです。



長い文章も自動で高さを調整しポンと出力してくれるので、文字の尻切れ作業に時間を費やす意必要がありません。

もっとこんな表現にしたい!そんな場合には、コマンドを選ぶだけで、自分の表現に違いものに仕上げることができます。

  • グループごとの合計や件数を出す
  • 確認しやすいように1行おきに塗り色を付ける
  • 表示したいデータを選んだり、並び順を変えたい

出力形式も、PDF、Excelが選べます。

CSVデータの確認作業や一覧印刷にめんどくささを感じていませんか?

CSVデータはいろんなシステムから出力できて便利。
だけど、どのデータを見やすくするのに、幅を調整したりする作業って面倒ではないでしょうか?しかも、エクセルを閉じてしまうと、次に確認するときには再び幅を調整しないといけない。データの内容を急いで吟味したいのに、前作業に煩わされることに意外とストレスを感じているかもしれません。

また、一覧を作る場合でも、毎回幅の調整をしたり、高さを調整したり。本当は、報告書の内容に時間をかけたいのに、添付が必要だからという理由でそこにも時間を使わなければならないのも、限られた時間の中でいろいろな仕事を抱える人には負担だと思います。

こんな事前作業がホワイトカラーの生産性が上がらない原因です。

とりあえず確認しやすい形にしたい、CSVデータをスピーディに一覧で印刷できれば・・・と思う方に、「csvラポ」はおすすめです。

今やっているその作業、お金に換算するとどれくらいですか?

例えば、CSVデータからエビデンスの一覧表を作るとします。
作業は、エクセルでCSVデータを開いて、幅を調整して、罫線を引いて、改ページの調整をして・・・それらに15分がかかったとします。そうすると、その資料にはこれだけの費用が掛かっていることになります。

その作業がcsvラポで実現するとしたら、たった7円で作業を肩代わりしてもらっていることと同じです。しかもたった5秒。ちょっとストレッチをする間に出来上がります。

今まで通り人を使って補うのか、それとも自動化して短縮化するのか?

ホワイトカラーの生産性が低いのは、システム化できないデータを取り扱っているから。変動する作業はシステム化することは困難です。
今までのシステムは、決められた業務を効率化させる仕組みで、変動する業務に対応できるものではありませんでした。今はDAFS:データを自動整形するシステムがあります。それがcsvラポです。

御社は、今まで通り人を使って補いますか?それとも、csvラポで自動化して短縮化しますか?

ホワイトカラーの生産性向上を考えながら、csvラポでDXに取り組んでみませんか?

まずは試してみてください

まほうの帳票体験サイトで、まほうの帳票が体験できます!

もっと詳しく知りたい方へ

まほうの帳票体験サイト 価格表 出力見本